2017年7月17日月曜日

補修工事しました

検討事項だった下の写真の場所
写真だと良くわかりませんが、芝の切れ目は他の箇所と比べて
盛り上がり少々高くなっておりました。
 使用頻度が高い地域で、芝が後退し、下地の砂も持って行かれて
芝生地側に盛り上がった結果と思われます。

そこで、、修正方法を専門家にもお聞きし
トライしてみました。

まずは鋭角に直角に縦掘り
それから横方向に掘ってから、上から少しトントンと叩くと
下に沈み込みます。やりすぎると崩れます、。

予想以上に作業工程がキツイです。暑さもあるので、、

まだまだ削らないといけませんが
別日にも同じ作業を行う予定で、今回は一番高かったこの地域のみに限定。
 ついでなので、、座布団3枚も校庭南側から切り出して準備
更に細かく分割して、ポット苗方式で間隔をあけて植え込み
 埋めもどし、全体をならして、少しだけなだらかになったでしょうか?
 ここだけ低くなりすぎても困るので、今回はこの程度。
両サイドが少し高いので、夏休みの第2弾作業としようと思っています。
養生地域としてしばらく管理して2学期を迎えられるようにしたいと思います。

==芝生管理人

2017年7月15日土曜日

管理作業しました

 暑い日になりました。
今回も多くの方々にご協力を頂き感謝申し上げます。
 13日にトランジッション作業が終了し
夏芝への移行がドンドン進んでいます。
 6年生たちは慣れてますね!
さすがです!!
 保護者の皆さんも素敵に隊列できています。
 ベテランの方々に参加いただいた作業は40分ほどで終了。
たっぷり散水して作業を終えました。

作業番外編
2008年の芝生化で乗用芝刈機導入後、今まで更新してこなかったバッテリーを交換しました。
毎回、セルスタートが自力で出来なくなっており、乗用車の直結スタートに
頼る機会が多かったですが、今後の真夏の作業効率を考えると
バッテリー交換をしておく必要がありました。
農業機械用の30Aサイズ。ホームセンターにて6千円でお釣りがきて
DIYなので作業賃ゼロ。
夏の活躍期待しています!

==匠

2017年7月13日木曜日

トランジッション作業

トランジッション作業を行いました。
 いつものように専用機にて、均一に切込みを入れながら
表層を削っていきます。
 表面に掻き出された芝カスなどが出てきます。
2〜3cm間隔で1〜2cmの深さで削ります。
 この作業は、冬芝を抜き取ると同時に夏芝も剪定することにより
復活へのスイッチ入れになります。
施肥も同時に行い成長を更に促しました。
運動会以降に既に低く刈嵩設定を続けていましたので
既に夏芝に大きく入れ替わっておりました。

今年も順調に夏芝への移行を完了しました。

2017年7月8日土曜日

管理作業しました

とても暑い日になりましたが、多くの方々に参加いただき作業できました。
 夏芝のティフトンにドンドン変わってきています。
上の写真で、少し緑色が薄い葉が夏芝です。
ライグラスは衰退が始まり、スズメノカタビラは活動を終えました。
上の写真は、校舎中央昇降口前の運動会のツメ跡
ホールカッターで移植を行い隙間を埋める作業を行いました。
不陸にならないように難しい作業になりますが、上手く出来たと思います。
 全体的にとても良好!
気温も上がり、いよいよ夏芝の成長が進みます。
昨年は天候などの理由により、作業を飛ばす日程も出てしまい
刈り取りに苦労する経験もしましたので
今年はうまくこなせるように調整していきたいと思います。

管理人